しわとスキンケア

笑いすぎて、笑いじわができるのはしょうがないとしても、女性としては、しわができるのは、何とか避けたいですね。しわの原因としては、加齢や乾燥が多いようですのでスキンケアを十分に行って、しわのできにくい肌にしたいですね。

しわのできる主な原因は加齢です。年をとれば誰でも、皮膚の真皮の成分、つまり、コラーゲンと水分が減ってきます。

また、乾燥により、肌の表面が水不足になり、目の下などにしわができやすくなります。さらに、表情を変えるときに顔の筋肉(表情筋)が動きますが、その筋肉が萎縮するとしわになります。加齢や感想以外には、睡眠不足や食生活の乱れ、急激なダイエットもしわの原因になります。

どんな対策が必要でしょうか。原因からすると、肌の保湿が重要なことがわかります。コラーゲンと共に、エラスチンヒアルロン酸など、保湿成分のはいった化粧品を使用するのがいいでしょう。失われていく肌に必要な成分を肌に補充すると考えてください。さらに、化粧品だけでなく、飲むコラーゲンや飲むヒアルロン酸もありますから、そういった健康食品で補うことも重要かもしれません。ただし、医薬品ではなく健康食品ですので、効果が現れる場合とそうでない場合がありますので、頼りすぎるのはよくありません。

小じわ対策に保湿成分の入った化粧品を使用するのは、しわのできにくい肌にするということです。最近では、ビタミンCコエンザイムQ10の入った化粧品も多く出ており、しわ対策専用のサプリメント(健康食品)を出しているメーカーも多くなりました。

体の外側(化粧品)だけでなく、内側(健康食品や食事)からも、肌の保湿に必要な成分を補充するとしわの予防効果はさらにあがります。

コラーゲンというと、フカヒレなどが思いつきますが、安価な鶏肉(とり皮)にも多く含まれていますし、お魚にも含まれています。とり皮と魚のあら煮や煮こごりというのも、美容食になります。健康食品なら、日常的に摂取することも可能になります。

【送・代無料】フラコラ500 30本セット

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。