吹き出物のスキンケア

思春期ににきびに悩んだ経験は誰にもあるはず。にきびは青春の証などといわれたものでした。
しかし、大人になってもできるにきびもやはり困りもの。
大人になってできる場合は、にきびじゃなくて吹き出物と呼ばれるようですね。

吹き出物対策のスキンケアはどうすればいいのでしょうか。
吹き出物の原因は色々あるようです。
  ○額にできた吹き出物:自律神経、睡眠不足、慢性的な疲れ、ストレス
  ○頬にできた吹き出物:食事のバランスの乱れ
  ○顎にできた吹き出物:ストレス、冷え、水毒(漢方の考え方。体に不必要な水。むくみなどの体調の悪くなる原因。)
  ○首にできた吹き出物:婦人科系、冷え、ホルモンバランスの崩れ

といった原因が考えられます。出てくる場所によって、自分の生活や体調を見直す必要がありそうですね。

吹き出物ができたら、潰してはいけません。化膿してしまうこともありますし、つぶした跡が色素沈着をおこし、シミになってしまうことがあります。また、皮膚が陥没すると、クレーター肌、ぼこぼこした柑橘肌(夏蜜柑の表面のような肌)なんてことになってしまうと、もとの肌には戻れなくなります。

吹き出物ができてしまったら、肌のスキンケアに気をつけましょう。

吹き出物に刺激を与えないように、メイク落しもふき取る方法ではなく、肌への当たりが柔らかいジェル状の洗い流すタイプを使うのがお勧めです。化粧水もアルコールが入っているものだと沁みることがありますから、アルコールフリーの化粧水を使うほうがいいでしょう。炎症がひどいときに、お手入れしたいという場合は、冷水パックを使う方法もあります。

状態が改善されないようであれば、自分の肌にあったスキンケア化粧品か検討してみましょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。