混合肌とスキンケア対策

お肌のタイプには、どのようなものがあるのでしょうか。
スキンケアにおいては、一般的に、「普通肌」「乾燥肌」「オイリー肌」「敏感肌」「混合肌」という区分がされているようです。

このうちの、「混合肌」というのはどういう肌でしょうか。

オイリー肌感想肌の混合、つまり、脂っぽいところとカサつくところがある肌という意味です。

多くは、頬(チーク)とTゾーンの肌質の違いのようです。

混合肌になる原因としては、季節の変わり目、生理前後のホルモンバランスの乱れなどが挙げられます。したがって、季節や自分の体調にあわせたスキンケアが必要になってきます。

「洗顔」の場合で、混合肌への対応を考えて見ます。

しっかり泡立てるというのは、洗顔の基本ですが、では、その泡立てた泡は、まず顔のどこに置くべきでしょうか?

混合肌の人は、頬がかさつき、Tゾーンが脂っぽいわけですから、頬から置くべきではありません。脂質の多いTゾーンに置くべきですね。

まず、鼻に泡をのせて、なでるように洗ってください。人差し指では力が入りすぎますから、中指と薬指でマッサージするように軽くなでながら洗います。

しっかり洗わないと、と思って、ゴシゴシこすると、逆に皮脂の分泌を招いてしまうことになりかねません。

だからといって、乾燥している頬に皮脂の分泌を促そうとして、頬をゴシゴシこするのはやめてください。乾燥している肌に刺激は禁物だからです。

泡を肌におく時間のことも考えて、まず脂っぽいところから洗い、乾燥しているところは最後にといった配慮がスキンケアには必要です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。