乾燥肌とスキンケア対策

夏は冷房、冬は暖房と、空調設備に囲まれた暮らしをしている現代人にとって、お肌の乾燥対策は重要事項です。

肌がカサカサになり、肌荒れが進むと、シワになっていきます。また、乾燥肌はかゆみを引き起こします。

乾燥肌というのは、肌の角質層から水分が少なくなったり、皮脂の分泌が足りなくなったりしている状態のことです。

肌の角質層は、肌を外界の刺激から守ってくれる重要な機能があります。乾燥によって、この角質層の機能が弱まると、お肌が無防備な状態になってしまいます。

角質層にはNMFという天然保湿成分があり、これが潤沢にあると、保湿力がある潤いのある肌を保つことができるのです。

スキンケアとして、必要なお手入れの注意点を3点上げます。

1.乾燥肌の人は硫黄入りの洗顔料や入浴剤を使用しないこと
(脂性肌の人の場合は、皮膚科で勧められることがありますが、これは肌を乾燥させるためです)
2.乾燥肌の人は40度以上のお湯で洗わないこと(洗顔はぬるま湯が基本)
3.乾燥肌の人はタオルで皮膚をこすらないこと(上からゆっくりと押さえるように)

これ以外に、洗顔の泡にも注意してください。

しっかり泡立てていますか?手で泡立てず、顔にこすりつけて泡立てているなんてことはないでしょうか。それも乾燥肌にとっては刺激になります。

しっかり泡立てる、またはコールドクリームで丁寧にふき取るというように、肌への刺激に気をつけることが大切です。

乾燥肌の人は、化粧品のスキンケア対策に加えて、普段の生活の中で、上記の点に気をつけることが大切です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。