基礎化粧品とは

基礎化粧品とは、何のために使い、目的は何か意識したことはあるでしょうか。

潤いのある健康な肌を維持するためにも、基礎化粧品は欠かせません。そもそも私たちの肌は、外気の温度や湿度だけでなく、空気中の砂やチリ、排気ガスのような様々な物理的刺激など、常に外的刺激にさらされています。顔以外の部分は服によって守られていますが、顔の皮膚は常に空気にさらされ刺激を受けている状態です。

顔を外気から保護するのが化粧品なら、肌の受けたダメージを癒し、ケアをして健康な状態にするものが基礎化粧品といえます。

標準的な皮膚は、肌の奥で作られて表面の角質層まで細胞分裂によってゆっくりと押し上げられてきます。表層に達するまでは約2週間です。平均的に、20代の女性の皮膚が角質層に居続ける期間は約2週間です。

垢は、古くなった皮膚が役目を終えて剥離したものです。角質は垢となって落ちていく直前の皮膚であり、古い角質の下にはもう次の新しい角質が待機しています。

きれいな肌を維持するためには、底部で作られた皮膚が角質となって表面に現れるまでの下準備が皮膚が作られる過程で大変重要なのです。基礎化粧品を使うことは、健康な肌を維持し、美しい肌を作る上げるためにどうしても必要なことといえるでしょう。肌の調子を整えるためには、食生活や生活習慣の見直しだけでなく、基礎化粧品による適切なケアが必要です。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。