しわとスキンケア

笑いすぎて、笑いじわができるのはしょうがないとしても、女性としては、しわができるのは、何とか避けたいですね。しわの原因としては、加齢や乾燥が多いようですのでスキンケアを十分に行って、しわのできにくい肌にしたいですね。

しわのできる主な原因は加齢です。年をとれば誰でも、皮膚の真皮の成分、つまり、コラーゲンと水分が減ってきます。

また、乾燥により、肌の表面が水不足になり、目の下などにしわができやすくなります。さらに、表情を変えるときに顔の筋肉(表情筋)が動きますが、その筋肉が萎縮するとしわになります。加齢や感想以外には、睡眠不足や食生活の乱れ、急激なダイエットもしわの原因になります。

どんな対策が必要でしょうか。原因からすると、肌の保湿が重要なことがわかります。コラーゲンと共に、エラスチンヒアルロン酸など、保湿成分のはいった化粧品を使用するのがいいでしょう。失われていく肌に必要な成分を肌に補充すると考えてください。さらに、化粧品だけでなく、飲むコラーゲンや飲むヒアルロン酸もありますから、そういった健康食品で補うことも重要かもしれません。ただし、医薬品ではなく健康食品ですので、効果が現れる場合とそうでない場合がありますので、頼りすぎるのはよくありません。

小じわ対策に保湿成分の入った化粧品を使用するのは、しわのできにくい肌にするということです。最近では、ビタミンCコエンザイムQ10の入った化粧品も多く出ており、しわ対策専用のサプリメント(健康食品)を出しているメーカーも多くなりました。

体の外側(化粧品)だけでなく、内側(健康食品や食事)からも、肌の保湿に必要な成分を補充するとしわの予防効果はさらにあがります。

コラーゲンというと、フカヒレなどが思いつきますが、安価な鶏肉(とり皮)にも多く含まれていますし、お魚にも含まれています。とり皮と魚のあら煮や煮こごりというのも、美容食になります。健康食品なら、日常的に摂取することも可能になります。

【送・代無料】フラコラ500 30本セット

敏感肌の基礎化粧品

化粧品は直接肌につけるものですから、敏感肌の人などには特に影響があります。

肌に合わない化粧品を使うと肌がかぶれたり赤くなることがありますが、石油成分が含まれた基礎化粧品敏感肌に特に影響が多いようです。刺激に弱い肌の人は、添加物の含まれていない基礎化粧品を探しましょう。

特定のブランドでなくても無添加商品は色々あります。石油成分の含まない基礎化粧品はほとんどが天然成分で構成され、肌の負担を減らしてくれます。

敏感肌
は、基本的に外部の影響ではなく、体の内部の抵抗力が弱くなっている際に、発生してしまう場合が多いようです。生活習慣の見直しや食生活の改善などで体質を強化することができれば、敏感肌を根本的に変えることができるかもしれません。

とはいえ、腰を据えてかからなければ、体質改善はすぐなされるものでもありません。敏感肌の人は、せめて外部からの刺激をやわらかくするためにも、敏感肌用の無添加の基礎化粧品を使用しましょう。

自分が敏感肌であることを、特に認識していない人も少なくないようです。少しの刺激でかぶれや赤みが出ることが出たり、慢性的なアレルギーがある人は自覚がなくても敏感肌かもしれません。

敏感肌
の人は刺激の強い化粧品に弱く、また、乾燥肌になりがちという特長があります。もし敏感肌を疑うようなら、基礎化粧品を無添加のものに変えてみてはどうでしょう。化粧品次第でお肌は良くも悪くもなるのです。

化粧品のトライアルセットの活用

化粧品は自分の肌質や体質に合う合わないがあります。肌質ひとつとっても、「普通肌」「乾燥肌」「オイリー肌」「敏感肌」「混合肌」などがあります。
それぞれの類型でも、個人差が当然ありますから、自分に合うかどうかは、しばらく使って見ないと分かりません。

トライアル(お試し)セットは、無料ではありませんが、その分、結構な量があって、時間を掛けて十分にお試しができます。

化粧品会社としても、気に入ってもらえればリピーターを確保できますから、広告費のつもりで配布しています。ですから、料金は2000円であっても、5000円分以上の中身であることも多いようです。

お安く入手できるトライアルセットを集めてみました。いくつかセレクトして申し込んで見てください。あなたにぴったりの化粧品がきっと見つかることでしょう。


1.コラーゲン5,000mg配合!全身で浸るアロマティー【Polir】トライアル(フィブロ製薬株式会社)1,890円(税込・送料無料)



2.オンリーワンお試し トライアルセット(ホメオスタシス株式会社)
1,600円(税込・送料無料)


混合肌とスキンケア対策

お肌のタイプには、どのようなものがあるのでしょうか。
スキンケアにおいては、一般的に、「普通肌」「乾燥肌」「オイリー肌」「敏感肌」「混合肌」という区分がされているようです。

このうちの、「混合肌」というのはどういう肌でしょうか。

オイリー肌感想肌の混合、つまり、脂っぽいところとカサつくところがある肌という意味です。

多くは、頬(チーク)とTゾーンの肌質の違いのようです。

混合肌になる原因としては、季節の変わり目、生理前後のホルモンバランスの乱れなどが挙げられます。したがって、季節や自分の体調にあわせたスキンケアが必要になってきます。

「洗顔」の場合で、混合肌への対応を考えて見ます。

しっかり泡立てるというのは、洗顔の基本ですが、では、その泡立てた泡は、まず顔のどこに置くべきでしょうか?

混合肌の人は、頬がかさつき、Tゾーンが脂っぽいわけですから、頬から置くべきではありません。脂質の多いTゾーンに置くべきですね。

まず、鼻に泡をのせて、なでるように洗ってください。人差し指では力が入りすぎますから、中指と薬指でマッサージするように軽くなでながら洗います。

しっかり洗わないと、と思って、ゴシゴシこすると、逆に皮脂の分泌を招いてしまうことになりかねません。

だからといって、乾燥している頬に皮脂の分泌を促そうとして、頬をゴシゴシこするのはやめてください。乾燥している肌に刺激は禁物だからです。

泡を肌におく時間のことも考えて、まず脂っぽいところから洗い、乾燥しているところは最後にといった配慮がスキンケアには必要です。

乾燥肌とスキンケア対策

夏は冷房、冬は暖房と、空調設備に囲まれた暮らしをしている現代人にとって、お肌の乾燥対策は重要事項です。

肌がカサカサになり、肌荒れが進むと、シワになっていきます。また、乾燥肌はかゆみを引き起こします。

乾燥肌というのは、肌の角質層から水分が少なくなったり、皮脂の分泌が足りなくなったりしている状態のことです。

肌の角質層は、肌を外界の刺激から守ってくれる重要な機能があります。乾燥によって、この角質層の機能が弱まると、お肌が無防備な状態になってしまいます。

角質層にはNMFという天然保湿成分があり、これが潤沢にあると、保湿力がある潤いのある肌を保つことができるのです。

スキンケアとして、必要なお手入れの注意点を3点上げます。

1.乾燥肌の人は硫黄入りの洗顔料や入浴剤を使用しないこと
(脂性肌の人の場合は、皮膚科で勧められることがありますが、これは肌を乾燥させるためです)
2.乾燥肌の人は40度以上のお湯で洗わないこと(洗顔はぬるま湯が基本)
3.乾燥肌の人はタオルで皮膚をこすらないこと(上からゆっくりと押さえるように)

これ以外に、洗顔の泡にも注意してください。

しっかり泡立てていますか?手で泡立てず、顔にこすりつけて泡立てているなんてことはないでしょうか。それも乾燥肌にとっては刺激になります。

しっかり泡立てる、またはコールドクリームで丁寧にふき取るというように、肌への刺激に気をつけることが大切です。

乾燥肌の人は、化粧品のスキンケア対策に加えて、普段の生活の中で、上記の点に気をつけることが大切です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。